上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
第二百三十七段

 有職のどうでもいいような話ですが、ちょっとおもしろいテーマです。
 細い簀の子のようになった台に、筆を横に置くか縦に置くか、という問題です。

 簀の子の木の並びと同じように縦に置けば、転がらなくていいでしょうし、筆の数が多ければ、見た目にもすっきりと見えそうです。

 木の並びに対して横に置けば、そこが筆の定まった置き場所と見えて、安定感はありそうです。少しの筆をきちんと置く、という感じからすれば、横に置くのでしょうか。

 どう置くのだろうと一度は考えてしまいそうなことではあります。
 現代にもこれに似たことはないだろうかと考えてみますが、ちょっと思い当たりません。

《原文》
柳筥(やないばこ)に据(す)うるものは、縦ざま、横ざま、物によるべきにや。「卷物などは縦ざまにおきて、木の間より紙 捻(ひね)りを通して結ひつく。硯も縦ざまにおきたる、筆ころばず、よし」と、三條右大臣殿仰せられき。
 勘解由小路(かでのこうぢ)の家の能書の人々は、假にも縦ざまにおかるゝことなし、必ず横ざまにすゑられ侍りき。
にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ にほんブログ村 本ブログ 古典文学へ にほんブログ村 教育ブログ 国語科教育へ
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://ikaru811.blog.fc2.com/tb.php/242-fe74552b
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。