上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
第二百三十五段

 心というものを考察した、大変興味深い段です。

 家を例えに挙げたのは、入ってくるものが困ったものである場合の話、鏡を例えにしたのは、入ってくるものが必要なものである場合の話ということになるでしょう。

 心の中にもその両方が入ってくるというわけです。

 最後の「心にぬしあらましかば、胸のうちに若干のことは入り来たらざらまし」は、大変近代的に見える書き方で、しっかりした主体性を持たないと、心に惑いが生じるのだと言っているようにも思われます。
 が、おそらくそうではないでしょう。
 助動詞「まし」は「動かし難い目前の現実を心の中で拒否し、その現実の事態が無かった場面を想定して、その場合起こるであろう気分や状況を心の中に描いて述べる」(『岩波古語辞典』)ものですから、鏡の例の中でも同じ書き方がされていて、鏡に「色・かたち」がないのと同じように、もともと心には「ぬし」はいないのだということ事実として前提において、その反対を示すことによって、どれ程たくさんの「念」が入り込んでくることかという感嘆を、いささかの諧謔を交えて言っているのだと思われます。

 まったく私たちの心にはどれ程多くのことが写っては消えていくことでしょう。

 その中にはかけがえのない大切な思いもいくつかあることでしょうが、それも結局は消えていきます。
 そう思うと、何か切ない気がしてきます。

《原文》
主ある家には、すゞろなる人、心の儘に入り來る事なし。主なき所には、道行人みだりに立ち入り、狐・梟やうの者も、人氣(げ)にせかれねば、所得顔に入り住み、木精(こだま)など云ふ、けしからぬ形もあらはるゝものなり。
 また、鏡には色・形なき故に、よろづの影きたりてうつる。鏡に色・形あらましかば、うつらざらまし。
 虚空よくものを容る。われらが心に、念々のほしきまゝに来たり浮ぶも、心といふものの無きにやあらん。心にぬしあらましかば、胸のうちに若干(そこばく)のことは入りきたらざらまし。
にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ にほんブログ村 本ブログ 古典文学へ にほんブログ村 教育ブログ 国語科教育へ
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://ikaru811.blog.fc2.com/tb.php/240-9dfde9d2
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。