上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
第二百四十三段

 さて、とうとう最後の段になりました。
 この段は、兼好の家族が語られる唯一の段で、しかも大変心温まるいい話です。

 父は、初めは幼い息子のかわいい質問に多分気軽に答えていたのでしょうが、突然思いがけない究極の質問に向き合わされて、返事に窮し、やむなく笑ってごまかすしかありませんでした。

 そして父は、そういうまじめで的確な追求ができる息子をひそかに誇らしく思い、また驚きもあって、親しい人幾人もにその話をせずにはいられなかった、というのです。

 最後の「語りて興じき」が、何気ないながらいい言葉で、ただ「語りき」と書いたのと比べてみると、父親の息子と向き合って困っている様子や、知人に嬉しそうに語っている様子が思い浮かべられて、いっそう楽しい一段になりました。

 ところで、今まで書かれたことのない題材が最後の段に置かれていることで、この段に特別の意味、あるいは寓意を見出そうとする読み方がいろいろにあるようですが、『全注釈』、『全訳注』の双方が言うように、それは読みすぎになるような気がします。

 そもそも、兼好自身は、この段を以て『徒然草』の筆を置く、というようなことを考えたわけではないのではないでしょうか。

 ここまでにも途中に、長短はあっても幾度かの休筆の期間があったように、ここもまたそういう終わり方で、いつか書き継ぐようなつもりで残されて、けっきょくそのまま後が書かれなかった、この本はそのようにして私たちの前にあるのではないでしょうか。
私は『徒然草』を完結した書物と考えるのではなく、吉田兼好という歌人が余技として書き残した、日記であり、
メモ、習作集、聞き書き集であるような、つまりまとまった作品になる意図のなかった、雑記帳だったのではないかと考えて読んできました。

 もちろんそれは、結果としてのこの作品の価値を減殺するものではないと考えています。

 ここに書かれた様々な人間の姿は、筆者の筆力によって、私たちに、筆者自身も含めた人間という存在の幅と奥行きを随分楽しく教えてくれます。
 もう一度繰り返せば、ここには幅広い人間の高貴と愚かしさとがこもごもに語られて、雑然としながら、言わば果てのない世界の一部となっています。

 それが完結しないのは、むしろ当然だと言ってもよいのです。
 私たちは、兼好が、再び筆を執って更に人間の悲喜劇を書き加えてくれなかったことを残念に思いながら『徒然草』という「本」を閉じるしかありません。
 そして私のこのブログもまたここで一応閉じることにします。

《一応の「後書き」として》
 時々「アクセス解析」を覗いてみて、随分多くの人に見ていただいている(読んでいただいたかどうか解りませんが)ことに、書き続けていく上で、ずいぶん力づけられました。
 そして、ブログというものを教えてくれた娘の叱咤と巧みなおだてにも力づけられました。
その結果、私は今、我ながら大変なことをやったというような気持ちでいます。
 そこで私は、暫く充電期間をおいて、来年の一月四日に、また別の古典作品について語り始めて見たいと考えています。
 その時また、覗きに来ていただければ、大変嬉しく思います。
 ではまたお目にかかれるのを楽しみに…。

《原文》
八つになりし年、父に問ひて云(い)はく、「佛はいかなるものにか候らん」といふ。父が云はく、「佛には人のなりたるなり」と。また問ふ、「人は何として佛にはなり候やらん」と。父また、「佛のをしへによりてなるなり」とこたふ。また問ふ、「教へ候ひける佛をば、何がをしへ候ひける」と。また答ふ、「それもまた、さきの佛のをしへによりてなり給ふなり」と。又問ふ、「その教へはじめ候ひける第一の佛は、いかなる佛にか候ひける」といふとき、父、「空よりや降りけん、土よりやわきけん」といひて、笑ふ。
 「問ひつめられて、え答へずなり侍りつ」と諸人(しょにん)にかたりて興じき。


にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ にほんブログ村 本ブログ 古典文学へ にほんブログ村 教育ブログ 国語科教育へ
スポンサーサイト
第二百四十二段

 前の段に続く一切放下の話です。

 『古典』が、『徒然草』の話題は「サイクルをえがいて戻ってくる」と言い、そしてそれが兼好の内心の日常だったという意味のことを言っていますが、この種の話についてはまったくそういうことだったのではないでしょうか。

 仏教では五欲ということを言うそうです。
 ①食欲、②色欲、③睡眠欲、④財欲、⑤権力欲ですが、ここではその中からはわずかに二つが採られ、それとは別に、名誉欲(あるいは権力欲に含むのでしょうか)が取り上げられています。

 いずれにしても、五欲をそのまま取り上げるのではなく、特にこの三つの欲を選んだのは、つまりこれを書く時に兼好がそういう欲をなお自分の現実として考えていたということでしょう。

 そして、中でも最初に「名」を挙げて、さらにそれを「行跡」と「才芸」の二つに分けて語っているのは、彼の歌の世界における「名」に「欲」があったことの証しだったに違いないと思います。

 彼は、いつまで経っても一切放下からほど遠い自分を何とかしたいと思っていたのです。

《原文》
とこしなへに、違順につかはるゝ事は、偏(ひとえ)に苦樂の爲なり。樂といふは好み愛する事なり。これを求むる事 止(や)む時無し。樂欲(ごうよく)するところ、一つには名なり。名に二種あり。行跡と才藝との誉(ほまれ)なり。二つには色欲、三つには味(あじわい)なり。萬の願ひ、この三つには如(し)かず。これ顛倒の相より起りて、若干(そこばく)の煩ひあり。求めざらむには如かじ。
にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ にほんブログ村 本ブログ 古典文学へ にほんブログ村 教育ブログ 国語科教育へ
第二百四十一段

 もう幾度も語られてきた、諸縁放下の話です。

 『全訳注』は「本書の中に置かれた位置からして、満を持して書かれた総決算的な段かも知れない」と書いていますが、むしろ、この期に及んでなおまた書こうという気になったということ自体が、彼の心がまだそこに定まらず、揺れている証しであると言えるのではないでしょうか。

 以前にも言ったように、すでにその境地にいる人がこういうことを幾度も書こうという気になるとは思われません。

 改めて語られるこの段には、「いまだ病急ならず、死に赴かざる程は、常住平生の念に習ひて」とか、「年月の懈怠(けだい)を悔いて、この度もしたち直りて命を全くせば、夜を日につぎて、この事かの事、怠らず成じてんと、願ひをおこす」とかという、人の心の機微に触れたリアルな把握は見られるものの、以前の所説と比して、格別新しい観点とか深まりはないように思われます。

 結局この種の話で最も私の記憶に強く残っているのは第十八段の許由の話です。

 百の説法より一つの実践、許由のあり方はいかにも自由で、すがすがしい諸縁放下を自ずと物語っているような気がしますが、こういう説法には息苦しさを感じます。

 自らそれが出来ている人と、そうではないままに懸命に語っている話との違いではないだろうかと思います。

《原文》
望月の圓(まどか)なる事は、暫くも住(じょう)せず、やがて虧けぬ。心とゞめぬ人は、一夜の中(うち)に、さまで變る樣も見えぬにやあらん。病のおもるも、住する隙なくして、死期(しご)すでに近し。されども、いまだ病急ならず、死に赴かざる程は、常住平生の念に習ひて、生の中(うち)に多くの事を成じて後、しづかに道を修せむと思ふ程に、病をうけて死門に臨む時、所願一事も成ぜず。いふかひなくて、年月の懈怠(けだい)を悔いて、この度もしたち直りて命を全くせば、夜を日につぎて、この事かの事、怠らず成じてんと、願ひをおこすらめど、やがて、重(おも)りぬれば、われにもあらず、とり亂して果てぬ。この類のみこそあらめ。この事まづ人々急ぎ心におくべし。
 所願を成じてのち、いとまありて道にむかはむとせば、所願盡くべからず。如幻の生の中に、何事をかなさん。すべて所願皆妄想なり。所願心にきたらば、妄心迷亂すと知りて、一事をもなすべからず。直ちに萬事を放下して道に向ふとき、さはりなく、所作なくて、心身ながくしづかなり。

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ にほんブログ村 本ブログ 古典文学へ にほんブログ村 教育ブログ 国語科教育へ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。